航空機内で食べられるコーヒーカップを提供、ニュージーランド航空が破棄物削減で、液体漏れないバニラ味

ニュージーランド航空(NZ)は、一部の機内と空港ラウンジで“食べられるコーヒーカップの試用を開始した。破棄物削減策の一環として、ニュージーランド企業のtwiice(トゥワイス)とともに開発したもので、バニラ味で液体が漏れないように工夫した。実際に試した人からは好評で、デザートボールとしても使用しているという。

同社はプラスチックの代わりに市販のコンポストで分解できる植物由来のカップへの切り替えを進めており、最終的にはカップを埋め立て地に持ち込まない状況を目指している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。