【人事】東武トップツアーズ、2020年1月1日付で組織改正、役員人事を発表

東武トップツアーズは2020年1月1日付の重要な人事異動と組織改正を発表した。組織面では、事業開発推進部、教育事業推進部、ソリューション営業部を新設。また、東京国際事業部とインバウンドセンターを事業開発推進部に移管することで、官公庁やクルーズ、グローバル分野の営業に特化する部門に再編し、取り組み強化を図る方針を示している。

発表された組織改正とそれに伴う人事異動は以下のとおり。

人事異動(2020年1月1日付)

※氏名:新役職/現役職

  • 濱崎真一氏:執行役員 法人営業本部副本部長 兼 事業開発推進部長/執行役員 法人営業本部副本部長 兼 営業推進部長山田徹氏:執行役員 教育事業推進部長/執行役員 人事総務部 部長 兼 能力開発室長
  • 磯康彦氏:執行役員 事業開発推進部 部長/執行役員 国際事業推進部長

組織改正(2020年1月1日付)

  • 事業開発推進部の新設:営業推進部と国際事業推進部を統合し、法人や官公庁・自治体、インバウンドの各事業ドメインを連携させ一体化した機能を保有することによって営業体制の強化を図る。新設部門には、「法人事業推進担当」、「公務・地域振興推進担当」、「インバウンド事業推進担当」、「東武沿線事業推進担当」、「MICE事業推進担当」および「万博推進担当」を設置する。

  • 教育事業推進部の新設:探究学習を組み入れた教育旅行プログラムの開発や企画・販売支援・運行支援までの一貫した業務推進を強化しソリューション事業を展開する専門組織を設置する。

  • ソリューション営業部の新設:事業開発推進部内にソリューション営業部を設置し、顧客が持つ様々な課題に対して当社サービスをもって解決を図る提案型営業のさらなる強化を実施。合わせて、これまで培ったノウハウを活かし、全国で開催される大型大会、学会をはじめとしたイベント事業等への取組を推進。

  • その他:東京支社が所管する東京国際事業部とインバウンドセンターを事業開発推進部に移管。官公庁営業、クルーズ営業、グローバル営業の各専門部に再編することで、取組強化を図る。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。