旅行各社が「長野県ふっこう割」の取扱い開始、一人泊あたり最大5000円割引、台風19号の被災地の観光復興支援で

旅行会社各社は、台風15号および台風19号で被害を受けた被災地の観光復興を目的に設定された「ふっこう割」を反映した旅行商品の第一弾として長野県の宿泊プラン・ツアーの販売を開始した。これは被災地における1泊以上の旅行・宿泊商品を対象に、一人泊あたり最大5000円、最上限1万5000円の割引が適用されるもの。観光庁が11月に補助限度額が24億3675万円となる「令和元年台風第15号及び第19号観光支援事業費補助金」を創設している。

KNT-CTホールディングスでは、近畿日本ツーリストとクラブツーリズムで宿泊プランやツアーを商品化。それぞれ公式ホームページ上で紹介している。

たとえば、近畿日本ツーリストでは、宿泊ブランとして「志賀高原プリンスホテル西館/信州スキー リフト1日券付」を1万3000円~2万2500円(2名1室利用/夕・朝食付き/おとな・こども お一人あたり)で提供(設定期間2019年12月21日〜2020年2月28日)。また、クラブツーリズムでは、国内ツアーとして「期間限定の夜を彩る2つの絶景 阿智村 日本一の星空と5つ星の宿 3日間」を旅行代金3万9900~4万4900円(4名1室利用/食事:朝2、 昼1、 夕2回付/おとな一人あたり)で販売する(設定期間2020年1月22日~2月28日)。

日本旅行は、「長野県ふっこう割」案内チラシを店頭で配布。対象期間は2019年12月17日~2020年3月14日(2019年12月28日~2020年1月4日宿泊は除く)で、宿泊はパンフレット内の長野県全域を対象とする。交通(JRまたは航空機)と宿泊のセットプランの場合、一人当たりの旅行代金を宿泊日数で割った金額を一人1泊当たりの宿泊旅行代金とみなす。

また、Web限定で長野県内に宿泊する「宿泊プラン」「交通セットプラン」商品を用意。ホームページの会員マイページにてクーポンを獲得し、 予約時に獲得したクーポンを使用することで旅行代金が割引になる。クーポン獲得期間と予約対象期間は2019年12月18日~2020年3月14日。

Yahoo!トラベルは、長野県内の宿泊施設が提供する「ヤフープラン」を対象として、対象エリア限定(宿泊期間2019年12月18日〜2019年12月28日)と長野県全域(宿泊期間2020年1月6日〜2020年2月29日)に分けて割引クーポンを配布する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。