ナビタイムら、お台場エリアでMaaS実証実験、専用アプリで移動手段の組合せやルート検索を可能に

ナビタイムジャパンは2020年1月16日、東京臨海副都心エリアでのMaaS実証実験アプリ「モビリティパス」を提供開始する。このプロジェクトは、ドコモ・バイクシェア、JapanTaxi、東京臨海高速鉄道、東京臨海副都心まちづくり協議会、KDDIと連携して進めるもの。東京都が公募した「MaaS 社会実装モデル構築に向けた実証実験プロジェクト」に基づく、MaaS 実証実験の一環として提供する。

アプリでは、お台場エリアの地図や観光関連記事、スポット情報を提供するほか、同エリア内で利用できるクーポンを配信。りんかい線やシェアサイクル、新たに運行する無料の予約制シャトル「東京臨海シャトル」といった移動手段を組み合わせたルート検索も可能だ。さらに、ルート検索の結果画面からシェアサイクルの1日パスの購入と予約、東京臨海シャトルの予約もできるようにした。

各社は今回の実証実験を通じて、対象エリアの情報発信と同時に便利な移動手段を提供。地域の観光活性化や国内外の旅行者のスムーズな移動に貢献していく考え。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。