エールフランス航空、羽田/パリ線を増便、午前便を追加、日本/パリ間は週最大35便に

エールフランス航空は、2020夏期スケジュール(2020年3月29日~2020年10月24日)で羽田発パリ行きを1便増やし、毎日最大3便で運航する。これにより、現行の成田発1便とあわせて、東京/パリ線は1日最大4便に強化される。また、関空発1日1便を加えると、日本/パリ線は週最大35便に拡充されることになる。

増便分のAF281は午前便となり、羽田9時10分発、パリ同日14時45分着。機材はB777-200(ビジネス40席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー216席)およびB777-200(ビジネス28席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー260席)を使用する。

3月31日~5月3日は週4便(火、木、土、日)、5月6日~5月29日も週4便(月、水、木、金)で運航され、6月1日~6月28日は週5便(月、火、水、金、土、日)に増便。その後、6月29日~10月24日は毎日運航される。

現行の羽田便は14時20分発(AF279)と22時55分発(AF293)。午前便が加わることで、羽田発の旅客利便性がさらに高まると期待されている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。