JRグループの宿泊予約管理「らく通with」、レベニューマネジメントツールの料金データを自動反映、「MagicPrice」と連携で

JRグループの鉄道情報システム(JRシステム)が提供する宿泊施設向けの予約一元管理システム「らく通with」は、株式会社空のレベニューマネジメントツール「MagicPrice」との料金データ連携を開始した。これにより、MagicPriceが導き出した宿泊料金を、らく通withで予約サイトに自動反映できるようになる。

空の「MagicPrice」は、客室料金設定におけるデータ活用や施設の収益改善をサポートするツール。施設の料金設定に必要な自社の予約データや競合、市場の状況といったデータを自動収集・分析し、レベニューマネジメントを支援する。宿泊施設にとっては、予約サイトの料金調整における効率化とともに収益の拡大が期待できる。

なお、「らく通with」は、宿泊施設が旅行会社と予約サイトに提供する客室の予約と在庫、料金を一元管理できるサービス。JRの「みどりの窓口」の予約販売システムを開発・運営する技術力が強みで、ホテルシステム(PMS)との自動データ連携が容易、利用料金は従量料金のない月額固定制などの特徴がある。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。