ナビタイム、訪日客向けナビで飲食店予約を開始、スポット検索結果に店舗情報を表示で

ナビタイムジャパンは、訪日外国人観光客向けナビゲーションサービス「Japan Travel by NAVITIME」で、USEN Mediaが運営する訪日外国人向けグルメサイト「SAVOR JAPAN」と飲食店予約で連携した。

SAVOR JAPANで掲載する2300店以上の店舗情報を、ナビタイムのJapan Travel by NAVITIMEのスポット検索結果に表示し、ユーザーがそのまま予約ができるようにする。また、Japan Travel by NAVITIMEの観光記事にも飲食店予約のリンクを表示。食のコンテンツと機能を拡充する。

言語は、英語と繁体字・簡体字、韓国語の4言語で対応。今回の連携によりナビタイムでは、同社のJapan Travel by NAVITIMEのユーザーが観光や移動手段の情報収集時に発見した飲食店をそのまま予約できるなど、タビマエやタビナカの限られた時間で効率的な飲食店予約を実現できるとアピール。SAVOR JAPAN上の飲食店にとっても、外国人観光客との接点が拡充し、顧客獲得に繋がるとしている。

連携イメージ:発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。