奈良県最古の醤油蔵元を古民家ホテルに改装、しょうゆ搾り体験なども、2020年7月開業へ

奈良県最古の醤油蔵元・マルトは、古民家ホテル「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」を開業すると発表した。

1689年創業のマルトは皇室御用達の醤油蔵となり、かつては全国にも販路を拡大。しかし、大戦後の食糧難で原材料の確保が難しくなったことから、17代目当主が1950年頃に閉業していた。

しかし、その孫である18代目当主が、醤油蔵の復興に着手。残されていた古文書から醤油づくりに挑戦し、蔵付き菌での試験醸造を開始した。さらに、築130年から140年といわれる同蔵に醸造場や居住棟、道具類が残されていたことから、一部を宿泊棟に改装して古民家ホテルとして開業することを決めた。

奈良伝統建築様式「大和棟」で建てられた屋敷内では、宿泊棟以外にも醤油を使った料理が楽しめるレストランを設置。醤油搾り体験ができるプログラム等も提供する。開業は2020年7月の予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。