自宅で祭りが楽しめる「エア祭」が登場、第一弾は奇祭「かなまら祭」をライブ配信、SNSでキャンペーンも

祭りの企画・運営のサポート、プロモーションなどを行っているオマツリジャパンは、新型コロナウイルスの影響で外出自粛の要請が続いているなか、家でも祭りが楽しめるオンラインでの祭り体験サービス「エア祭」を開始した。

第一弾として、新型コロナウイルスによる感染症拡大の影響により、大幅に規模を縮小して開催された川崎市の「かなまら祭」において、主催者である金山神社の全面協力のもと、神事のライブ中継などのWEBを活用した「エアかなまら祭」を2020年4月6日と7日に実施した。今後もさまざまな「エア祭」を開催していく。

「かなまら祭」は、金山神社で4月に行われる性病避けへの願いを込めた祭り。ピンク色の男根の形をした巨大な神輿、通称「エリザベス神輿」が街中を渡御されるなど、特徴的な行事が話題を呼び、日本を代表する奇祭として知られており、外国人観光客にも人気の祭りで例年3万人を超える人が訪れている。

「エア祭」では、例年は一般参加者は見ることができない神事の様子や、祭り準備の様子をライブ配信。また、過去に参加した際に撮影したかなまら祭の画像を、ハッシュタグ「#エアかなまら祭」でSNSに投稿すると、かなまら祭の代表的なグッズ「子宝飴」が抽選で当たる参加型のキャンペーンも実施した。その結果、SNSでは26万を超えるインプレッション、合計動画視聴回数は2万回を超えた。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。