京都市、世界に向けて自宅で楽しむコンテンツ配信開始、「Stay Home」で座禅講座や宿泊施設からのメッセージなど

京都市観光協会は2020年4月28日、世界に向けて「Stay Home, Feel Kyoto」の取り組みを開始した。新型コロナウイルス拡大防止を目指すと同時に、外出自粛中の人々に向け、自宅でも味わえる京都の魅力を発信するもの。

国内観光客向けサイト「京都観光Navi」や外国人観光客向けサイト「Kyoto City Official Travel Guide」を通じて展開する。第一弾コンテンツとして、座禅の解説講座「おうちで座禅」動画を配信するほか、ビデオ通話システムで利用できる背景画像全12種類、旅館や寺院など地元各業界から世界に向けたメッセージなどを用意。さらに、京都の歴史や文化について学べる「KYOTOの予習」プログラムも提供する予定だ。


Stay Home, Feel Kyoto(日本語)

Stay Home, Feel Kyoto(英語)

京都の各業界の方々から世界の京都ファンに向けたメッセージ(Youtube「STAY HOME, FEEL KYOTO by DMO KYOTO」チャンネル)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。