エイベックス、月額制宿泊予約サイトのサービス開始、平日50%オフで稼働率向上目指す

エイベックスは2020年6月9日から、会員制のオンライン旅行予約「itoma(イトマ)」の提供を正式に開始した。itomaは月額2980円(税込)で、平日宿泊を登録施設の正規料金の半額で提供するのが特徴。宿泊施設から送客手数料や広告費用は徴収せず、月額会費制にすることで特別価格を実現する2019年11月からβ版を運用しており、当初4月の正式展開を予定していた。新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言の全面解除、業種別のガイドラインが政府から公表されたのを受け、初期会員数1000名限定で開始した。

西伊豆の富岳群青をはじめとした伊豆・箱根エリアの約30施設で始める。宿泊施設は関東近郊から順次追加し、エリアを全国に拡大する。宿泊日は7月1日から。新型コロナウイルスの感染を防止するため、衛生管理、3密回避を施設とともに推進し、新しい生活様式に対応した宿泊予約サービスの提供を目指す。同社は「宿泊施設の経営を圧迫する平日稼働率向上と、混雑していて価格も高い土日祝日を避けた休み方の提案につなげたい」などとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。