奈良・東大寺を眺めることができる新ホテル、「ANDO HOTEL奈良若草山」が7月開業、全21室で

結婚式場などを展開するディライトの子会社で料理旅館などを運営する平城は、2020年7月1日に「ANDO HOTEL 奈良若草山(アンドホテル 奈良若草山)」をグランドオープンする。このホテルは、2020年1月まで56年間運営された「遊景の宿 平城」をリノベーションしたもの。

当初は5月1日のグランドオープンを予定していたが、新型コロナウイルスの影響によって、販売客室数やレストランの営業などを一部縮小してスタート。今回、感染防止対策を講じたうえでグランドオープンすることになった。

客室は全6タイプ21室。屋上に新設した露天風呂やペントハウススイート、ロビー、一部客室からは、東大寺大仏殿、興福寺の五重塔、春日原生林など3つの世界遺産を眺めることができる。

ディライトは2019年11月熊本でホテル事業に参入。 奈良のホテルは2店舗目で、今後ブランド展開を予定している「ANDO HOTEL」の1号店となる。

ペントハウススイート(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。