航空連合スターアライアンス、加盟26社の衛生取り組みを策定、マスク着用など全フライトに適用へ

スターアライアンスは、安心安全と衛生に関する取り組みを策定した。加盟26社は運航するすべての便に適用していく。

主な取り組みは6項目。旅客への衛生用品などを提供するほか、特別な理由がない限り、マスク着用を求める。また、感染防止に必要なルールやエチケットなどの周知を図り、症状が見られる旅客に対しては適切な措置を施す。さらに、乗務員や職員は適切な保護服を着用し、機内の清掃と消毒を徹底する

また、加盟航空会社とスターアライアンスネットワーク内の空港で展開されている安全衛生に関する最新の取り組みを案内するツール「Travel Information Hub(旅行情報 ハブ)」も立ち上げた。7月以降には、パーソナライズされた機能や多言語化を進める予定。

Travel Information Hub

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。