Trip.comグループ、エアアジアと戦略的パートナーシップ、両社のプラットフォームで中国市場での相乗効果狙う

旅行大手トリップ・ドットコム・グループ(Trip.com/旧シートリップ)は、LCCエアアジアと戦略的パートナーシップを結んだ。両社は、それぞれのプラットフォーム上で、接続便の乗り換え情報、メンバーシップ向けの特典、マーケティングなどで協業し、相乗効果を高めていく。

両社は、海外旅行者向けに、フライト、ホテル、空港送迎、現地アクティビティーなどの一気通貫の予約サービスを展開。トリップ・ドットコムのプレミアムメンバーは、同社プラットフォームでエアアジア便を予約する際、座席のアップグレードも可能になる。

エアアジア・グループのプラットフォームは近年、航空予約サービスだけでなく旅行、ライフスタイル、金融サービスなども提供する総合サービスに進化しているところ。特に中国市場でのビジネスを拡大している。さらに、同航空は東南アジアと中国を結ぶネットワークを充実させていることから、トリップ・ドットコムとしては中国人旅行者向けのサービス拡充と新規顧客獲得に期待をかける。

エアアジアは2011年に、エクスペディアと「エアアジア・エクスペディア(AAE Travel)」を設立。2012年には子会社として「エアアジア・エクスペディア・ジャパン(AAE Japan)」が設立され、日本でのExpedia.co.jpを運営してきた。しかし、2018年には、エアアジアは同社が保有するAAE Tarvelの全株式25%をエクスペディアに売却し、関係は解消されている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。