NTTドコモ、茨城県大子町でAI乗合タクシー、カーシェアの実証実験、高齢化進む町で移動の柔軟性を

NTTドコモが2020年10月1日~2021年9月30日の期間中、茨城県大子町でAIを活用した乗り合いタクシーとカーシェアリングの実証実験を実施する。「大子町公共交通実証実験推進に関する連携協定」の一環。大子町は面積が広いうえに高齢化や人口減少が進んでおり、AI乗合タクシーの実証実験を通じて、移動手段の柔軟性、交通インフラの維持を模索する。

AI乗合タクシーはスマホアプリやウェブサイト、電話での予約で運行中の車をリアルタイムで配車する仕組み。実証実験期間中は、茨城日産自動車の2台の車両が無料で運行。地域住民の新しい移動手段として自宅からスーパーや町役場、医療施設への移動のほか、観光客、夜間の地元飲食店利用も想定する。また、大子町はレンタカーの利用環境がなく、実証実験では1台あたり15分100円からの電気自動車を利用したカーシェアリングのサービスも提供する。

NTTドコモは本事例を通じて町の活性化、移動課題の解決を図るとともに、茨城県をはじめ、日本全国への展開も目指したいとしている。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。