ANA、国際線再開を拡大、11月から羽田/シンガポールと成田/バンコク線、羽田/シドニー線などで増便も

(c) stock.foto

ANAは、2020年11月から羽田/シンガポール線、成田/バンコク線の運航を再開するとともに、羽田/シドニー、ホーチミンシティ、マニラ、ロンドの各路線で増便する。

これにより、11月1日~30日の国際線運航便数は28路線770便となり、当初の事業計画では75路線5366便だったことから、減便率は86%になる。10月の減便率は87%。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。