宮古島で顔認証バスが運行、NECが技術提供、観光客向け公共交通不足の解消へ実証

NECは、双日が宮古協栄バス、八千代バス・タクシー、中央交通とともに、沖縄県宮古島市内で実施する「宮古島ループバス」の実証運行で、顔認証技術を提供する。

同実証は、宮古市の委託によるもの。主要観光地や宿泊施設を循環運行し、観光客向け公共交通不足やピーク時のタクシー不足の解消を図る。同時に、「新しい生活様式」の導入等に関する調査・検証を行なう目的もある。

特に「新しい生活様式」への対応では、非接触型決済・乗車方式の実証導入を実施。NECの顔認証技術を活用した乗車や、プットメニュー社によるLINEアプリと連携したチケットレス乗車を行なう。

運行期間は10月25日~2021年1月31日までを予定。運賃は1000円(子供半額)で、島外利用者は1日乗車券で販売。市民は期間中乗り放題とする。事業のスキームと取り組み体制は以下の通り。宮古島ループバスの詳細は特設ウェブサイトへ。

「宮古島ループバス」特設ウェブサイト  

NEC発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。