ANAとJR九州がMaaS連携、空港からのアクセスナビ上で列車予約を可能に、航空券予約アプリからシームレスに

全日空(ANA)と九州旅客鉄道(JR九州)が、「ANA空港アクセスナビ」と「JR九州インターネット列車予約」の連携を開始した。ANA空港アクセスナビはANAの運航情報などを経路検索サービスに統合し、最適ルートを案内するサービス。ANAアプリから接続できるもので、JR九州の列車予約とシステム連携することで、航空券、新幹線、特急列車の予約・決済をシームレスにできるようにする。

両社は2019年から国内外への九州の魅力発信や、訪日客向け鉄道周遊きっぷの機内販売販売などで協業。今年11月には宮交ホールディングスなどと共同で「宮崎県におけるMaaS実証実験」も開始する予定で、今後も空と陸の新たな連携に取り組みたいとしている。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。