ハワイ、日本発入国者の14日間隔離を免除、11月6日から、出発前の検査で21指定医療機関を発表

ハワイ州観光局は、2020年11月6日のフライトから日本向けの事前検査プログラムで新型コロナウイルス陰性証明を受けた旅行者に対し、ハワイ到着後の14日間自己隔離を免除する。

10月27日(ハワイ時間)に米国ハワイ州知事オフィスが発表したもので、ハワイ州は日本の厚生労働省が認可する新型コロナの拡酸増幅検査(NAT)を実施する21カ所の医療機関と契約を締結。日本出発の72時間前にこれら医療機関で新型コロナの検査を受け、ハワイ入国時に陰性証明書を提示すると、14日間の自己隔離が免除される。

ハワイ州は同様の事前検査プログラムを米国内向けに10月15日から開始しており、米国以外で対象になるのは日本が初めて。同州知事のデイビッド・イゲ氏は「ハワイと日本の親密な関係を維持し続ける重要なステップ」などと述べている。ハワイ州が指定した21の医療機関の一例は、東京の国立国際医療研究センター病院、神奈川の湘南鎌倉総合病院、大阪の野崎徳洲会病院など。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。