タイ、近隣アジア向けに「健康ツーリズム」キャンペーン、新型コロナによる健康志向の高まりで

タイ国政府観光庁(TAT)は、新型コロナウイルスによって健康への関心が高まっていることから、東南アジアと南アジアからの旅行者をターゲットに「アメージング・タイランド・ヘルシー・ジャーニー」キャンペーンを立ち上げた。

東南アジアおよび南アジアからの旅行者の間では、タイでのヘルスツーリズムの人気が高く、同庁がコロナ前に実施した調査でも、人気のアクティビティとして、「スパ/ウェルネス」がトップ5に入り、「医療診察」もトップ10に入っているという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。