東急ステイ、テレワークでホテルの日中利用の販売促進へ、午前・午後のプランなど

東急リゾーツ&ステイは、滞在型ホテル「東急ステイ」のデイユース販売促進を図る。スマートフォン用ワークスペース予約アプリにデイユース客室の掲載を開始。テレワークが進むなか、ワークスペースの選択肢としてホテルのデイユースを提案する。

掲載するのはSBイノベンチャーが提供するアプリ「ワークスルー」ベータ版。レストランなどのアイドルタイムにおける空席をワークスペースとして30分から予約することができるアプリだ。

東急ステイがワークスルーに参画するのは、東急ステイ銀座、東急ステイ新宿、東急ステイ池袋の3ホテル。1日プラン、午前プラン、午後プランなどを用意する。利用料の一例は、東急ステイ銀座のモデレート客室・午前プランが4000円など。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。