観光事業者・DMO対象のDXセミナー、難局乗り越える観光経営と経済活性化がテーマ、米大使館と観光庁が開催 ―2020年12月2日(PR)

米国大使館商務部は観光庁の後援のもと、2020年12月2日にオンラインセミナーを開催する。「ニューノーマル時代の地域観光経営と経済活性化」をテーマに、観光地域づくり法人(DMO)、地域金融機関、官公庁、観光協会をはじめ、地域観光や地域経済活性化などに携わる広範な事業者を対象とするもの。

コロナ禍の難局を乗り切るために期待される「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に着目。日本の観光業に向けて、デジタル化・DXのヒントとなる貴重な情報を提供する。

当日は、観光庁・観光地域振興部 観光資源課 新コンテンツ開発推進室長の中谷純之氏が「DX推進による観光イノベーション」をテーマとする基調講演を実施。また、セールスフォース・ドットコム常務執行役員の田村英則氏が、「共創するプラットフォーム」「持続可能な地域社会の発展に寄与するDXのアプローチ」について事例を交えて紹介する。さらにJTB法人事業部執行役員の檜垣克己氏が、官民が一体となり新しい価値を創り上げる新たな手法として、地域CRMマーケティングを通じて新たな交流時代を切り拓く「観光を基軸とした地域DX」の取り組みを解説する予定だ。

開催概要と申込方法は下記のとおり。

開催概要

  • セミナータイトル:ニューノーマル時代の地域観光経営と経済活性化
  • 開催日時:2020年12月2日(水)13:30~14:50
  • 配信形式:ウェビナー(ON24社のWebcastシステムを使って配信)
  • 受講料:無料(事前登録制)
  • 対象:自治体、観光地域づくり法人(DMO)、地域金融機関、官公庁、観光協会、地域商社における観光政策、地域観光、観光産業、地域経済活性化に携わる方々
  • 言語:日本語
  • 主催:米国大使館商務部
  • 後援:観光庁
  • プログラム詳細・申し込み:セミナー特設ページ
  • 連絡先:
    • 視聴環境についての問い合わせ support_wc@ml.itmedia.co.jp
    • ウェビナー運営事務局 salesforce@event-ex.net

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。