デルタ航空、隔離免除の出発前検査プログラムを開始、米国発のイタリア入国で、4回検査で陰性が条件

デルタ航空は、2020年12月19日からアトランタ/ローマ線でイタリアの入国の際に自己隔離が免除される検査フライトプログラムを開始する。搭乗者は、出発72時間前のPCR検査、アトランタ空港での出発前簡易検査、ローマ空港での到着時簡易検査、ローマ空港での出発前簡易検査を受け、陰性であることが必要になる。

また、このプログラムを利用する乗客は、アメリカに入国する際には、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の接触者追跡プロトコールへの情報提供が求められる。

対象となるのは、仕事、教育などの理由でイタリアに行くことが認められたアメリカ市民とEUおよびイタリア市民。イタリア政府はまもなく、この検査フライトプログラムを認める法令を発出する見込みだ。

デルタ航空は、ヘルスケアの世界的企業Mayo Clinicの監修のもとにこの検査フライトプログラムを開発した。また、将来の海外旅行再開に向けて、ジョージア州の公衆衛生当局とも連携した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…