ユナイテッド航空、すべての乗客に連絡先の提出を要求、米・疾病予防管理センターに即時提供へ

ユナイテッド航空は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に協力するため、国内線および国際線すべての乗客の連絡先情報をリアルタイムに米国疾病予防管理センター(CDC)に提供する取り組みを始める。同航空の利用者はチェックイン時に、メールアドレス、電話番号、目的地の滞在先住所などの個人情報について任意での提出が求められる。

同航空は12月中旬から、まずアメリカ国内に到着する国際線の乗客からこの取り組みを始め、その後国内線と国際線出発の乗客に対象を拡大する。同航空の公式アプリでの提出も可能。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。