航空旅客向けのデジタル健康認証アプリ「IATAトラベルパス」を発表、電子パスポートと連動で来年早期に運用へ

国際航空運送協会 (IATA)は、新型コロナウイルスの検査結果やワクチン接種の情報を管理できるモバイルアプリ「IATAトラベルパス」の設計概要を明らかにした。このアプリは、AndroidとiPhone向けに2021年の第1四半期の初めにリリースされる予定。IATAでは、このアプリは各国が定める入国要件にも合わせてあることから、今後各国政府に対して導入を勧めていく。

まず、IATAトラベルパスは、旅行者自身が健康情報を含む個人情報を管理できるように設計されている。検査結果やワクチン接種などの情報を暗号化してモバイル端末に保存。ヨーロッパのGDPRなど個人情報保護法の基準を遵守する。iPhoneの場合、Appleデバイスの「SecureEnclave」機能、Androidでも同様のセキュリティ暗号化技術を活用する。

個人IDは各国政府が発行する電子パスポートと連動。保存された情報は、認証されたIDとリンクする方法で電子的に当局に送信される。この方法を活用するうえでは、国際民間航空機関(ICAO)が開発したグローバル基準で、生体認証パスポートデータとパスポート所有者の顔写真を一致させる。

検査結果については、指定研究機関と提携して、テスト結果とIATAトラベルパス所有者の身元をリンクさせる。今後のワクチン接種については、世界保健機関(WHO)が現在、黄熱病のワクチン接種証明のデジタル化の開発を進めているが、IATAトラベルパスでもそれを新型コロナウイルス用として適用していく。

このほか、IATAトラベルパスでは、IATAが現在導入を進めている旅客生体認証管理「One ID」を適用し、チェックインから搭乗まで非接触手続きを可能にしていく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。