アメリカン航空、健康管理アプリの利用地域を中南米4カ国に拡大、飛行前検査の受診も可能に

アメリカン航空は、同航空が開発した健康管理アプリ「VeriFLY」の適用範囲を拡大し、2020年12月22日からマイアミ発コロンビア、ホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドル行きの便でも利用できるようにした。

同時に、ホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドル行きの便ではLetsGetChecked社が提供する飛行前検査を受けることも可能になった。

同航空は、ID認証管理のトップ企業Daonと共同で「VeriFLY」を開発。アプリにフライト情報、新型コロナウイルス陰性証明、旅行先で求められている提出種類などを入力すると、アプリが利用者のデータと旅行先の入国条件をマッチングし、出発前に不足するものや間違いがないか確認。また、取得した資格の有効期限が近づくと、その情報も提供してくれる。

2020年11月には、マイアミ発ジャマイカ行きの便で実証を開始していた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。