NECと広島電鉄、MaaSアプリ「MOBIRY」の機能拡張、複合経路検索、シェアサイクル、特典発券サービスなどを実装

広島電鉄とNECは、デジタルチケットサービス「MOBIRY」について、機能を拡充とともに多様な事業者との連携を拡大し、利便性と回遊性をさらに向上させる。両社は、移動手段をシームレスにつなぐMaaSの実現に向けて、2020年3月から「MOBIRY」を提供している。

まず、MOBIRYのトップ画面に「経路検索」ボタンを新たに設置し、複合経路検索機能を実装する。電車やバスだけでなく、船舶やシェアサイクルなども含めた結果を表示し、経路検索結果から関連するチケットを購入することを可能にした。

また、広島市シェアサイクル「ぴーすくる」と連携し、MOBIRY上で「シェアサイクル1日パス」の購入もできるようにした。

さらに、観光・商業施設などで提示されたQRコードをスマートフォンで読み取ることで、MOBIRY上で観光・商業施設などの割引チケットや様々な特典を取得できる機能を実装。

これまでの英語に加えて、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語を追加し、多言語化も進めた。

このほか、複数の公共交通機関および観光・商業施設などを利用の際に、それぞれの場所でQRコードを読み取ることで、利用データを記録・連携する機能を実装。このデータをもとに人の流れを分析することで、さらに便利でお得な周遊チケットの発売を目指す。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。