ハワイアン航空、日本路線にも事前審査プログラムを導入、陰性証明で自己隔離を免除

ハワイアン航空(HA)は2021年3月16日、ハワイ渡航のプリクリアランス(事前審査)プログラムを、日本・韓国路線でも開始したと発表した。プリクリアランスはアメリカ本土路線の一部ですでに実施しているプログラム。日本の空港での搭乗前に、新型コロナウイルス感染症の陰性証明書など、ハワイ州が求める書類などを提出・登録することで、ハワイ到着後の現地空港での書類確認、10日間自己隔離を免除する仕組みだ。日本/ハワイ間を運航する航空会社としては、初めての導入になる。

プリクリアランスを利用するためには、出発前にハワイ州セーフトラベルズプログラム“Safe Travel Program”への事前登録、フライトごとのQRコード取得、旅行・健康に関する質問票完了、ハワイ州指定医療機関による新型コロナの陰性証明書(英語)アップロードなどを完了することが必要。HAのグローバルセールス&アライアンス上席副社長のテオ・パナジオトゥリアス氏は、「日本から当社を利用してハワイへ渡航する人に、到着後に空港で過ごさなければならない時間を短縮し、有効に時間を使ってもららいたい」などとコメントしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。