ハワイ州、自己隔離免除の陰性証明書発行する日本の医療機関、空港内など36カ所追加、連休や年末年始も対応可能に

ハワイ州観光局は2020年11月18日、ハワイ到着後の14日間自己隔離を免除する陰性証明書を発行事前検査プログラムのする日本国内の医療機関36カ所を追加指定したと発表した。ハワイ便が発着する羽田空港、成田空港内の検査センターも追加されたことで地方の旅行者にも利便性が高くなったほか、連休や年末年始にも対応できる体制を整えた。これにより、日本の厚生労働省が認可する新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAT)を行うことのできる指定医療機関は全国57カ所になる。

最新の指定医療機関リストは、ハワイ州観光局公式ポータルサイト「allhawaii」内の「ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト」で公開。今後も日本国内の指定医療機関を増やしていく予定だという。なお、現時点で日本入国時にはPCR検査の実施、14日間の待機要請、公共交通機関の使用期限が求められる。

ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト 

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。