観光庁、都道府県内の旅行に1人1泊7000円上限で補助、国交相「判断は各首長に」

観光庁は2021年3月26日、GoToトラベル事業が再開するまでの間、「地域観光事業支援」として新型コロナウイルス感染状況が落ち着いているステージ2相当以下の都道府県に対し、同一都道府県内への旅行割引を支援すると発表した。予算規模は約3000億円。1人1泊あたり5000円を上限として、国から補助金を交付する。

また、旅行の割引とあわせ、クーポンなどで土産物屋、飲食店、公共交通機関などの地域の幅広い産業への支援を実施する場合、1人1泊あたり2000円を上限に追加して補助金を交付。同一都道府県内への旅行であれば、合計で1人1泊あたり上限7000円が補助されることになる。4月1日以降、準備が整った都道府県から開始し、5月末まで実施する。

なお、国土交通省の赤羽一嘉大臣は同日開催した記者会見で、「感染が落ち着いている地域でも、観光関連事業は深刻なダメージを受けている。各自治体の首長の判断に委ねながら、適切に支援していきたい」などと述べた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。