成田・羽田国際線で「顔認証」搭乗手続き開始へ、搭乗券・パスポートの提示なしで、手荷物預けや保安検査を通過

image via Shutterstock.

2021年4月、成田・羽田空港国際線で顔認証技術を活用した搭乗手続き「Face Express」の実証実験がスタートする。成田国際空港(NAA)と東京国際空港ターミナル(TIAT)がそれぞれ開始する事業。

乗客が自動チェックイン機など、空港での最初の手続きや顔写真を登録すると、その後の手荷物預け、保安検査場、搭乗ゲートで、搭乗券やパスポートを提示することなく、顔認証で通過、手続きできるようにする仕組みだ。手続きにかかる時間を短縮するとともに、コロナ禍で求められる非接触な手続きにつなげる。

成田空港、羽田空港ともに4月13日から実証実験を開始する。「Face Express」は、日本電気(NEC)の生体認証技術を活用する。実証実験を踏まえ、成田、羽田空港ともに7月から本格運用を開始する予定だ。

JAL:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。