デジタル健康証明「IATAトラベルパス」、シンガポールで正式導入、今後はワクチン接種証明書も保存

シンガポール・チャンギ国際空港は2021年5月1日から、チェックイン時および入国審査でデジタル健康パスポート「IATAトラベルパス」の本格運用を開始する。シンガポール民間航空局(CAAS)と国際航空運送協会(IATA)が連携。IATAトラベルパスでの新型コロナウイルス検査結果を共有する。

IATAトラベルパスは、認定された医療機関から発行された検査結果を保存され、デジタル健康証明書として利用できるアプリ。シンガポール航空の実証を経て、今回正式に導入が決まった。

CAASとIATAは今後、IATAトラベルパスの強化に取り組む。入国審査でのQRコードスキャン、IATAトラベルパスから航空会社や入国管理局のシステムへの健康資格情報のバックエンド送信の有効化、デジタル接種証明書の追加などを行う予定。

IATAトラベルパスは一般向けには今年4月後半からダウンロードが可能になる。現在、20社を超える航空会社が実証を進めており、日本ではANAとJALも今年上半期に実証を開始する予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。