ANA、「航空+地上交通」のMaaSプラットフォーム構築、出発地からの経路検索で航空予約が可能に

ANAは、「空港アクセスナビ」を機能拡張し、出発地から目的地までの経路検索結果に基づき、ANA便の予約が可能な新サービス「ANAそらたび検索」を開始する。ANAを含む国内外の多様な交通サービスがつながるMaaSプラットフォームを構築し、シームレスでユニバーサルな移動サービスの実現を目指す。

「ANAそらたび検索」では、航空券購入を検討する旅行者に対して、希望のスケジュールや条件にあわせて、ANA便と地上交通を組み合わせた経路を案内。これにより、ANAウェブサイトと連動した航空便の空席状況や料金を確認することができるようになり、シームレスな航空券の予約が可能になる。

空港アクセスナビ(搭乗便経路検索)からご利用可能な地上交通等のサービス事業者は、鉄道が京成、東京メトロ、都営交通、JR東日本、JR九州、大阪メトロ、バスが発車オーライネット、エアポート・リムジン、大阪空港交通、大阪シティバス、阪神バス、タクシーがMK、宮交タクシー、レンタカーがニッポンレンタカー、トヨタレンタカー(2021年4月現在)。パートナーとして、eチケット予約プラットフォームのリンクティビティと乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発するヴァル研究所が加わる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。