航空と電車・バスがMaaS連携、ANA利用者向け「大阪あおぞらきっぷ」登場、非接触のシームレスなサービス提供

航空と電車、バスがMaaS連携した「大阪あおぞらきっぷ」が登場する。全日本空輸(ANA)と大阪空港交通、大阪市高速電気軌道、大阪シティバス、阪神バスの5社が提携し、「ANA空港アクセスナビ」でANA便を利用する乗客向けの割安な企画乗車券として2021年4月21日から発売したもの。

伊丹空港から大阪市内方面に向かう空港リムジンバス往復乗車券に加え、Osaka Metro全線と大阪シティバス全路線が乗り放題となる1日乗車券をセットにした内容。料金は大人1800円で、通常より平日300円、土日祝日は100円お得に購入できる。

これまで、空港から先の地上交通の乗車券は現地で交通手段事に購入や受け取りを別々にする必要があったが、今回の5社連携により、ANAの航空券予約・決済後、「ANA空港アクセスナビ」から経路検索、地上交通の乗車券購入が一連の操作で可能になる。さらに、伊丹空港で乗車券を一括で受け取れるため、乗り換え時の購入の手間や待ち時間短縮、対面接触の軽減化が期待される。5社は「ニューノーマル時代のシームレス、ユニバーサルな移動の提供に向けMaaS連携を推進したい」などとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。