ANA、搭乗者向け経路検索サービスに予約決済機能、まずは地下鉄乗り放題券から、リンクティビティと連携で

全日空(ANA)は、交通事業者や観光施設などのタビナカにおけるEチケット販売のプラットフォームを提供するリンクティビティと、MaaS構築で連携を開始した。

ANAが航空券の購入者向けに提供する、独自のルート検索サービス「空港アクセスナビ」と、リンクティビティのEチケットプラットフォームを連携し、経路検索結果に予約決済機能を追加するもの。これにより、空港アクセスナビでルート検索をした際、提携する交通機関や観光施設のチケットをペーパーレスでシームレスに購入できるようになる。

第一弾としてANAは、東京メトロ、および東京都交通局と連携。空港アクセスナビ上で、東京メトロと東京都交通局が提供する旅行者向けの企画乗車券「Tokyo Subway ticket」の販売を開始した。

オンライン決済時に発行するQRコードを、東京メトロと都営地下鉄の主要駅にある券売機にかざすことで、同チケットを発券できるようにしたもの。従来、同チケットの利用時に必要だったバウチャー用紙を不要とし、東京都内の地下鉄をスムーズに利用できるようにした。

ANA「空港アクセスナビ」の利用イメージ 

詳細は以下のページへ。

ANA空港アクセスナビ 

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。