大分県別府市、おもてなし再開に向けて市民出演のミュージック動画公開

大分県別府市はこのほど、世界一“あたたかい”おもてなしを掲げたオリジナルアンセムソング「太陽のうた」を制作し、ミュージックビデオを公開した。ビデオには別府市在住で詩人として活動する豆塚エリさんと別府市民25名が出演。今後、別府市、事業者、市民が共通のおもてなしの心を持って、広く旅行者を受け入れるための歌として活用していく。

働く人の9割近くが宿泊業や飲食業を含むサービス産業に従事する別府市。新型コロナウイルスの感染拡大で本格的な「おもてなし再開」に至らない状況が続くなか、「障がいの有無・性別・世代・国籍に関わらず、すべての人におもてなしを届けたい」、「市民と共有したい」という考えからアンセムソングの制作に至ったという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。