国交省、自転車ツーリズムの公認ルートを新たに指定、北海道「トカプチ400」、千葉県から和歌山県「太平洋自転車道」、富山県「富山湾岸」

国土交通省は、新たに3ヶ所の「ナショナルサイクルルート」を指定した。これは、優れた観光資源を有機的に連携したサイクルツーリズムの推進により、日本における新たな観光価値を創造し、 地域の創生を図る目的で設けられたもの。

新たに指定されたのは、JR帯広駅を基点とした北海道東部に広がる十勝平野を8の字に結んだ全長403km の「トカプチ400」、千葉県銚子市から神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県の各太平洋岸を走り、和歌山市に至る全長1487km の「太平洋自転車道」、富山湾の魅力が体感できる氷見市から朝日町までの全長102kmの「富山湾岸サイクリングコース」。

これまでに「つくば霞ヶ浦りんりんロード」「ビワイチ」「しまなみ海道サイクリングロード」が指定されている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。