京都市観光協会ら、市内の観光業者向けに職域ワクチン接種を開始、8月中に接種完了へ

京都市観光協会(DMO KYOTO)と京都文化交流コンベンションビューローは、足立病院および国立京都国際会館の協力のもと、観光事業者などを対象とした新型コロナワクチン接種を開始する。

実施時期は7月中旬から1回目の接種を始め、8月中に2回目の接種を完了する予定。対象者は、京都市観光協会と京都文化交流コンベンションビューローの会員企業で接種を希望する人。接種会場は国立京都国際会館。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。