グーグル、検索データから旅行需要を分析するサービス開始、旅行業・DMO・宿泊施設など観光事業者向けに

グーグルは、日本を含むアジア太平洋とヨーロッパで、各地域に特化した「Travel Insights with Google」の提供を始めた。米国でも本格的に開始している。このツールは、世界のグーグル検索からのデータをもとに、リアルタイムの旅行需要を分析するもの。昨年12月にはアジア太平洋で試験的な運用を始めていた。

Travel Insights with Googleのツールは2つ。「Destination Insights」では、主に旅行事業者、政府、観光局向けに、各国ごとの市場需要動向を示し、「Hotel Insights」では宿泊施設向けにホテルに関する検索トレンドを提供する。

また、Destination Insightsでは、新たに過去84日間のデータに基づいた「Focusing Facts」機能も追加。これにより、「世界で最も急成長している目的地」「最もインバウンドに関心のある国」「需要の高い都市」などがひと目で分かるようになった。

検索結果からの日本への旅行需要の高い国ランキング検索結果からの目的地としての需要推移

Travel Insights with Google

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。