東京タワーにeスポーツ施設が来春開業、名称が決定、リアル+バーチャル体験できるハイブリット型アリーナも

東京eスポーツゲート社は、東京タワーに2022年4月に本開業を予定する施設の名称を「RED° TOKYO TOWER」に決定した。2022年2月にプレオープンを予定する。

「RED° TOKYO TOWER」は、東京タワー直下のフットタウン1階と3~5階の約5600平米に及ぶ、日本最大規模のeスポーツパークとして運営。最新ゲームの体験エリアのほか、XR映像システムや最新の音響設備を常設し、リアルイベントとバーチャルを融合した体験を提供できるハイブリット型アリーナも日本で初めて開設する予定だ。同アリーナは、eスポーツの大会をはじめ、音楽ライブやファッションショーなどでの使用を見込む。

なお、同社は日本のeスポーツ文化を牽引し、世界に発信するブランドを目指して誕生。拠点となる東京タワーのほか、国内各所でのリアル施設とデジタル上でのプラットフォームなどで、eスポーツを軸に多角的なエンタメ事業を展開する方針だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。