ブッキング・ドットコム、日本語サイトでも宿泊施設に「サステナブル旅行マーク」を表示、環境保護の取り組み施設だけ選ぶことも

ブッキング・ドットコムは、サステナブルな取り組みを進めている宿泊施設に付与する「サステナブル・トラベル」バッジを日本語サイトでも始めた。同社は今年初めからこの取り組みを開始している。

同社では、世界的な観光環境保護団体「トラバリスト (Travalyst)」とともに策定した32の取り組みを「廃棄物の削減」「エネルギーや温室効果ガス」「節水」「地元コミュニティ支援」「自然環境」の5つのカテゴリーに分類し、ラベルで各施設の取り組みを表示している。

これにより、たとえば、旅行者は「100%再生可能エネルギーを使用しているか」「節水シャワーを導入しているか」「使い捨てのプラスチック製品を使用していないか」などを確認したうえで予約することが可能になる。

このほか、同社は、掲載ページだけでなく、検索結果ページにも「サステナブル・トラベル」バッジを表示。また、ユーザーが同社の予約サイトでサステナブルな宿泊施設の検索を容易にするため、「サステナブル・トラベル」の絞り込み検索機能も年内に導入する予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。