車中泊「Carstay」と損保ジャパン、保険や新サービス開発で資本提携、インフラ整備も進める

損保ジャパンと車中泊スポットとキャンピングカーのシェアリングなど「バンライフ」を展開するCarstay(カースティ)は2022年1月19日、資本業務提携を開始したと発表した。コロナ禍や終息後に求められる観光、防災におけるキャンピングカーなどモビリティの活用促進を目指す。

キャンピングカーの2020年の国内総保有台数は約12万7400台(日本RV協会調べ)と、ここ10年間で1.5倍に増加。コロナ禍で密を避けた旅やワーケーションができる手段として注目が集まる一方、キャンピングカーや車中泊仕様の車両を駐車できる施設が少なく、規則も各自治体や施設に委ねられるなど、現状の「バンライフ」の基盤には課題があるのが背景。

今後、両社は資本業務提携を通じ、インフラやルール面の整備、新しいライフスタイルとしての「バンライフ」のあり方を共創。共同で広範囲で利用者と所有者を保証する保険サービスの開発・提供、Carstayでの移動・滞在・体験に関連するデータを活用した新たなサービスの研究を実施する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…