JR東日本、地域連携ICカードのエリア拡大、3月から新たに東日本5県で、青森市「アオパス」など9種類

JR東日本は、2022年2月から5月にかけて、関東・東北地方の5県で新たに9種類の地域連携ICカードのサービスを開始する。2021年3月から、栃木県で「totra」、岩手県で「Iwate Green Pass」のサービスを開始。今回はそれに続く。

地域連携ICカードとは、地域独自サービスの機能に加えて、SuicaエリアおよびSuicaと相互利用を行っているエリアで利用可能な乗車券や電子マネーなども利用できるもの。さらに、「新幹線eチケット」「タッチでGo!新幹線」や「JRE POINT」の登録などSuicaの各種機能も利用することができる。

新たな各地域連携ICカードの名称は、青森市の「AOPASS(アオパス)」、八戸市の「ハチカ」、岩手県の「iGUCA(イグカ)」、秋田市の「AkiCA(アキカ)」、秋北バスの「Shuhoku Orange Pass」、米沢市の「yamako cherica」、庄内交通の「Shoko cherica」、群馬県の「nolbe (ノルべ)」。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…