フィンエアー、ソーシャルチェックインサービスを開始  -SNSにシートマップをリンク

フィンエアー/フィンランド航空(AY)はSNSを活用した「ソーシャルチェックインサービス」を開始する。チェックイン後、搭乗者のFacebookのプロフィールとシートマップをリンクし、Facebookでつながっている友人と渡航先や到着予定時刻の共有や、同じフライトの搭乗者同士でプロフィールと座席の確認ができるようになる。

ただし、ソーシャルチェックインサービスの利用は任意とし、希望者のみが利用可能とした。現在はFacebookのみが対象だが、今後はそのほかのソーシャルネットワークも追加していく予定。

フィンエアーでは今回のサービスについて、Facebookで友人と自分の旅行を共有したい人が多く、さらに新しい人と知り合いたいと希望する利用客のために、搭乗手続きに付加価値を加えたいと考えていた、と説明。今後も旅行中にソーシャルメディアを活用する方法を模索し、空の旅をソーシャルなものにするとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。