2012年の度航空輸送実績、LCC就航で国内旅客数が約1割増加

国土交通省は、このほど2012年度(平成24年度)の航空輸送統計の概況を発表した。それによると、国内定期航空輸送の旅客数は前年度比8.7%増の8597 万人、旅客キロは同9.4%増の778 億 8885 万人キロとなった。幹線・ローカル線別では、旅客ベースで幹線が同9.8%増の3690 万人、 ローカル線が同8.0%増の4907 万人となり、旅客キロベースでは、幹線が同10.8%増の 381 億 2099 万人キロ、ローカル線が同8.2%増の 397 億 6785 万人キロという結果になった。

国内線においては、LCCが就航した関西/新千歳、関西/那覇、成田/新千歳、成田/福岡、成田/那覇、関西/福岡の各路線の旅客数が大幅に増加。LCCの新規参入が全体の旅客数増加につながる結果となった。最も旅客数が多かった路線は、羽田/新千歳で868万人、次いで、羽田/福岡の756万人、羽田/那覇の502万人だった。

国内定期航空輸送の貨物重量は同1.1%増の90 万 5489 トン、トンキロは同1.8%増の9 億 4562 万トンキロ。幹線・ローカル線別で見ると、トンベースで幹線が同1.2%増の 65 万 202 トン、ローカル線が同0.7%増の 25 万 5287 トンとなり、トンキロベースでは幹線が同1.8%増の 7 億 1746 万トンキロ、ローカル線が同1.9%増の 2 億 2816 万トンキロという結果になった。那覇空港のハブ機能を生かし、貨物便の増加、機材の大型化が進んだことから、成田/那覇線の貨物輸送量が大幅に増加した。

また、国際航空輸送の旅客数は同12.8%増の1421 万人、旅客キロは同13.7%増の624 億 12 万人キロと増加した。方面別で見ると、中国が276万人(同0.9%減)、韓国が195万人(同18.7%増)、その他アジアが504万人(同21.3%増)、米大陸が174万人(同21.8%増)、太平洋が135万人(同0.8%増)、欧州が123万人(同9.6%増)、オセアニアが13万5000人(同13.5%増)となり、中国を除くすべての方面で前年度実績を上回った。

このほか、国際航空輸送の貨物重量は同6.8%増の114 万 5862 トン、トンキロベースで同6.4%増の61 億 2478 万トンキロだった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。