バニラエア、台湾での販売開始に伴い多通貨決済サービスを開始

バニラエア(JW)は台湾での航空券販売にあたり、ディー・エヌ・エー(DeNA)子会社であるペイジェントの多通貨決済サービスを採用した。外貨建てでのクレジットカード決済に対応するため、海外の利用者も自国の通貨表記の金額で利用可能となる。

一方、同サービスで決済を行なった売上は、三井住友カードが外貨を円に転換し、ペイジェント経由の円建てでバニラエアに支払われる。そのため、直接多通貨決済をするよりも外貨取扱いに関する業務負担を大きく軽減できるという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。