スカイマーク、年末年始は旅客数増も利用率は前年下回る

スカイマーク・エアラインズ(BC)が発表した2013年度年末年始(2013年12月20日から2014年1月5日)の輸送実績によると、提供座席数は前年比19.6%増の48万1086席だったのに対し、旅客数は同11.3%増の32万8162人。

利用率は68.2%で、前年実績の73.3%を下回る結果となった。期間中のピークは下り便が12月28日、上り便が1月4日だった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。