JAL、日本発国際貨物燃油サーチャージを最大5円値上げ

日本航空(JL)は、2014年2月1日からの日本発国際貨物燃油サーチャージについて、1kgあたりの額を米州・欧州などの遠距離路線で122円から127円、アジア遠距離路線で99円から102円、アジア近距離路線(香港、中国、韓国、フィリピン、台湾、グアム)で78円から80円にそれぞれ値上げする。

基準となる2013年12月のシンガポールケロシン市況価格の平均が1バレルあたり126.65米ドルとなったことを受けて決めた。JLは、2009年度から日本発国際貨物燃油サーチャージの改定時期を年12回(毎月)としている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…