海外航空券が最安値になるのは「出発8週間前」 -スカイスキャナー調べ

航空券比較検索サイト大手のスカイスキャナーは「予約のベストタイミング調査」を実施し、最も海外航空券が安くなるのは出発8週間前の購入であると発表した。調査対象の渡航先は、日本人に人気の上位9か国地域(オーストラリア、中国、香港、韓国、フィリピン、タイ、台湾、イギリス、アメリカ)と日本国内。これによると、出発8週間前の購入では9か国地域の年間平均価格より6.8%安いという。

早期に申し込むほど航空券が安く購入できるわけでないことも判明。例えば28週間前の予約の場合は年間平均よりも6%高い。出発3週間前を切ると年間平均より高い価格となり、出発日の購入の場合は年間平均よりも20%高い価格となる。

また、出発日を月別で見ると、8月、12月の順に価格が高く年間平均より約10%高騰する。特に12月のオーストラリア、フィリピン行きは平均の約30%、8月のアメリカ、イギリス行きは年間平均より20%高くなる。一方、価格が安い出発月は11月、1月、2月出発の順で、年間平均より約7.5%~8%割安に購入できる。6月も比較的安価な月だという。

さらに週別に見ると、ゴールデンウィークの4月30日の週の出発が最高価格で、8月6日~19日の週、12月24日の週と続く。いずれも年間平均の約15%~18%割増だ。安くなるのは1月15日の週と12月10日、11月19日、12月3日の週。年間平均より約10~13%安い価格で購入可能だという。

ただし、全方面が同じ傾向になるわけではなく、例えば香港では3月~5月出発が最も高く、9月と1月が底値。お盆の時期も香港のみ平均値で最も安くなる。年末は、中国は平均値以下の約10%安、韓国、イギリス、台湾、香港は3~5%割高程度にとどまるなど、方面によって異なるという。

調査のデータは、スカイスキャナーで検索可能な2013年1月1日~12月31日の日本から上記渡航先への航空券価格を参照したもの。スカイスキャナーでは調査結果の一部と予約先に繋がるマイクロサイトを掲載している。

(トラベルボイス編集部)



みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。