位置情報で宿泊施設スタッフの業務効率向上へ、iBeacon活用の実証実験 -星野リゾート

星野リゾート運営の「星のや 軽井沢」は、観光関連商業施設における業務効率改善などを目的とした位置動線収集技術の実証実験に参加した。スマートフォンなどに搭載される近距離無線通信技術「iBeacon」を用いてスタッフ別・エリア別の滞在時間や移動距離などを測定し、行動傾向を把握・分析などを行う内容だ。 *右図は、スタッフの滞在を示すヒートマップ。クリックで拡大

実験では、iBeacon対応の機器を客室や屋外に機器を設置し、スタッフがスマートフォンを所持して作業を行うことで、行動動線を把握・予測して地図上に表示し、データを分析。O2O(オンライン to オフライン)のための位置測定情報などのビッグデータ解析などを手掛けるインフォキューブLAFLA社が主体となり、位置データ収集にはアプリックス社の「MyBeacon」を採用して行われた。

星野リゾートでは、今回の実証実験で得た情報をまずは「星のや軽井沢」敷地内を走行する送迎車両管理用に活用、今後業務効率改善にも利用していきたいとしている。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。